医療事務教室等で 学ぶ!

更新日:

【 ③”医療事務教室等で学ぶパターン” 】

≪ メリット ≫

”近くに同じ仲間がいる” 専門学校同様に、自分一人でなく同じ仲間が近くにいるのは心強いことでしょう。

”テキスト・問題集等”を取得しやすい。

”就職”に関する相談窓口等を準備しているコースが多い。

”エントリーシート”の作成の仕方等の授業が組み込まれている(コースによる)事が多い。

≪ スポンサードリンク ≫
医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」

 ≪ デメリット ≫

”費用がややかかる” 数万円~20万円位(コースによる)かかります。

”時間がやや制限される” 学校程ではありませんが、週2日、1日3時間(コースによる)位授業時間を作らなくてはなりません。

”教室が近所にあるとは限らない” 開かれている教室が、家の近所にあるとはかぎりませので探さなけらばなりません。

”取得する資格が制限される。”

<ハローワークさん等で医療事務コースを実施している場合があります。只、対象者が限定されていたりしますが、費用が幾分低く抑えられていたり無料な場合もある様ですので、是非利用できればしたいですね>

 

 

おすすめ記事

1

【 いよいよ 就活です ! Part3  】 パート1・2で述べてきましたが、まとめていきます。 ①・・・今住んでいるいる所から勤務先までの距離を一番重要視する。 ②・・・病院かクリニックを一番重要視 ...

no image 2

看護師というと、専門学校や短大で学ぶ学生がほとんどだったが、最近は4年制大学の学部・学科卒の高学歴看護師が増えたそうです。 理由は 92年に、高齢化による看護師不足を受けて、「看護師等の人材確保の促進 ...

-その他

Copyright© 現役医療事務関係講師と看護師夫婦がつたえたい知恵袋のオフィシャルサイトです , 2021 All Rights Reserved.