② 医療事務 専門学校等で 学ぶ!

更新日:

【 ②”専門学校等で学ぶパターン” 】

≪ メリット ≫

”近くに同じ目標を持った仲間がいる” クラス内に、同年齢の同じ目標を持った仲間がいる というのはとても心強いのではないでしょうか人は多くの場合、何かに一人で立ち向かっていくことはとても大変なことです。時には不安になったり、むなしくなったり、落ち込んだり、寂しくなったり。そんな時、同じ目標を持った同年齢の人がいることは、とても心強く感じるはずです。一人では無いということが、時には勇気を貰ったり又時には勇気を与えたりしながら不安・むなしさ・寂しさを打ち消し、立ち向かえるのだと思います。(チョットおおげさでした。)とにかく、仲間と一緒に目標に向かえることは、心強いと思います。

”学校ですので”授業時間等は、決められております ”いや” でも やらないといけませんし やらされます。 ←(この表現は、あまり好ましくありませんが でも 場合によってはいたしかたありません。)自己管理が、まったく 必要無い ということではありません。

”医療事務”だけでは無く 医療に関する多くの知識を学んだり、時には実習等で経験することもできます。

”モチベーション”を調整しやすい。自分一人ではないので、時には回りから影響を受けながらモチベーションを目標に向けて調整していきやすいと思います。

”最新の情報がつかめる” 学校ですので、試験や就職に向けての最新情報を提供してくれています。授業に関しても多くの先生方は、まだ現職の方ですので 現在の場の話ができますし又現場の話を聞くことができます。

≪ デメリット ≫

”費用がかかる” 入学金、授業料等の費用が必要となりますのでどうしてもある程度の金額がかかります。

”時間が必要” 学校ですので時間が、自由にはなりません。

”自宅から通える所に希望する学校があるとは限らない”。学校を探す、一人暮らしをする ⇒ 部屋代等が必要になる。

”取得する資格が制限される。”

 

 

おすすめ記事

1

【 いよいよ 就活です ! Part3  】 パート1・2で述べてきましたが、まとめていきます。 ①・・・今住んでいるいる所から勤務先までの距離を一番重要視する。 ②・・・病院かクリニックを一番重要視 ...

no image 2

看護師というと、専門学校や短大で学ぶ学生がほとんどだったが、最近は4年制大学の学部・学科卒の高学歴看護師が増えたそうです。 理由は 92年に、高齢化による看護師不足を受けて、「看護師等の人材確保の促進 ...

-その他

Copyright© 現役医療事務関係講師と看護師夫婦がつたえたい知恵袋のオフィシャルサイトです , 2021 All Rights Reserved.