医療事務の仕事につきたい

更新日:

【 ”そんな医療事務の仕事をするにはどうしたらいいのでしょうか?” 】 それでは、そこはかとなく述べてみます。

☆ 当然、医療事務職に入職・配属されなければなりません。それでは、医療事務の求人募集はどの様な基準で行っているのでしょうか?

多くの医療機関が求人する時の基準としては、できたら”医療”と言うものを少しでも学んでいて貰いたいと思っている場合が多いです。特に私が勤務している様なクリニック等では。職員の人数は、病院と比較すると、当然圧倒的に少ないわけです、そうするとやはりこのくらいの知識や技術を持っていてもらいたいと思っている場合が多いですね。(既にベテランの方がいらっしゃって一から育ていこうと考えているケース、病院内の移動で配属になった場合等を除いて。只この様な求人ケースは、非常に少ないはずです。)

以下の様な質問を受けたことがあります。

”男性が医療機関の受付にいるって変なのでしょうか?”

☆医療機関は、全体的に女性の多い職場だと思いますが男性が受付にいても”変ではない”と思っております。(私も現役ですが~)ただ、診療科や疾患によっては女性の方が、適している場合があると思います。

①診療科が、産科・婦人科(男性の受付は難しいかな?)、小児科等
②女性特有の疾患等(この場合は、患者様の様子を見ていれば直ぐに分かります。その様な場合は、”お待ち下さい。”と言って女性スタッフに変われば何も問題ありません。)

患者様をよく見てあげる事が、大切ではないでしょうか。!

逆に男性がいてくれた方が、いいかな と思う場合もあります。

③患者様が、倒れられた場合。
④言葉や行動が粗暴な患者様の場合。(ぱっと見怖い・・・でも話を伺ってみると優しい方が多いです。)
⑤②とは逆に、男性特有な疾患の場合もあります。(特に若い男性の場合。対応は、②と逆に男性に代わってあげればスムーズだと思います。)

以上な様な所でしょうか? 業務的には、他は、男性・女性あまり関係ありませんので①以外では受付にいても ”全く 変ではない” と思います。

この様に性別はあまり関係ない職種だと思いいます。他に求めている内容は、他の一般企業の求人の場合とあまり変わりません。

それでは、”医療と言うものを少しでも学んでいてもらいたい” とは、資格を持ってないと無理なのか?と言うとそうではありません。ただ、一から育てるケースの場合や移動のケースの場合の求人は、圧倒的に少ないのです。また、一からのスタートの場合は、本当に大変な毎日になります。(肉体的にも、精神的にも)。

続きを読む

 

 

 

 

おすすめ記事

1

【 いよいよ 就活です ! Part3  】 パート1・2で述べてきましたが、まとめていきます。 ①・・・今住んでいるいる所から勤務先までの距離を一番重要視する。 ②・・・病院かクリニックを一番重要視 ...

no image 2

看護師というと、専門学校や短大で学ぶ学生がほとんどだったが、最近は4年制大学の学部・学科卒の高学歴看護師が増えたそうです。 理由は 92年に、高齢化による看護師不足を受けて、「看護師等の人材確保の促進 ...

-おすすめの本

Copyright© 現役医療事務関係講師と看護師夫婦がつたえたい知恵袋のオフィシャルサイトです , 2021 All Rights Reserved.